どうして子供は野菜嫌いになるの? 野菜嫌いになる理由とその解決方法

宅配野菜ランキング
食材宅配ココノミ

無農薬・無化学肥料、自然栽培・有機栽培などのオーガニック系の野菜だけを取り揃えているからお子様にも安心して食べさせてあげられます。
また食材の種類、数量、お休みのタイミングは自由に設定可能。忙しいママのライフスタイルに柔軟に対応してくれるのは嬉しいですね!

【タウンライフマルシェ】産直とれたて無農薬野菜の定期便

野菜王国千葉県成田市から化学肥料を一切使用しない旬を詰め込んだ有機野菜セットを送料無料でお届け!
生産者である房総の「おかげさま農場」は、日本屈指の無農薬栽培のパイオニア。
昭和63年に設立以来、安心と安全を第一に考えた野菜作りを愚直に守り続けてきました。
少しでも新鮮な状態を保つためにあえて泥付きのままお届けします。

【無農薬野菜ミレー】朝穫り無農薬野菜を産地から当日発送

首都圏にありながら野菜生産高トップ3に入る千葉県。
その北総の大地から、朝穫れの新鮮野菜を当日発送します!
取り扱いの旬の無農薬・有機野菜また、おすすめ商品は年間1000種類。
野菜の味、質、鮮度はもちろん丁寧で素早い対応が全国各地のリピーターから高く評価されています。

「食べチョクコンシェルジュ」オーガニック野菜のオーダーメイド宅配

「食べチョクコンシェルジュ」は、お客様の好みに合わせて、コンシェルジュが全国400軒以上のオーガニック農家から選定し、希望する頻度・曜日・分量に合わせ旬の野菜を届けるサービスです。
スーパーと違い農家直送のため、最短24時間で届きます!だから圧倒的に鮮度が違います!
もちろん安心の無農薬野菜、大規模流通に乗らない珍しい伝統野菜や西洋野菜なども選べるのでお子様の食育にもよさそう!

10人に1人は野菜嫌いのまま大人になっていく

野菜嫌いな理由はいろいろあると思います。
しかし、ちょっとした工夫や言葉の魔法をかけてあげることで野菜嫌いは克服できるのです。
混ぜたり隠したりという手法も使いながら、まずは食べ慣れること、繰り返し味を覚えることが大切だと思います。
この記事では子供が野菜嫌いになる原因と、その克服方法を解説します。

食べにくいことが野菜嫌いの原因に

赤ちゃんは幼児期になると、急に食べ物の好き嫌いがでてきます。
このうち、離乳食のときには食べていたのに幼児食になったら食べなくなった場合には、食品そのものは嫌いでなくても、食べにくいからいやがるということが多いのです。


離乳食期には食べやすいように工夫していたお母さんが、幼児期になるとほっと安心して食べやすい工夫をしなくなることや、幼児食の調理法に関する情報が、離乳食に比べて非常に少ないことが原因だと思われます。
1歳半を過ぎて奥歯がはえると、もう大人と同じような料理を与えられている子供が多いようです。


しかし、大人と同じ食事が問題なく食べられるようになるのは、6歳以降。
それ以前は離乳食期から始めたかむ練習を続けている過程なので、大人と同じ硬さの料理では無理があります。
とくに食物繊維の多い野菜にはひと手間かけて、あごの発達に応じた食べやすい調理法が求められます。


もしこんな時期に、硬くてうまくかめないものを出されると、子供は食事を楽しむ余裕がなくなります。
たとえば生で食べるキャベツのせん切り、レタス、きゅうりなどは、大人は歯ごたえのよさを味わいますが、3歳ぐらいの子供にはズルズルしてのどにつかえやすい、ガサガサ、ボソボソして食べにくいものです。


これをゆでる、ソテーするなどして食べやすくしたり、ホワイトソースやヨーグルトであえると、大半の子供は嫌がらずに食べます。
食べにくいから食べないのを嫌いだときめつけて与えないと、本当にその食品が嫌いになってしまうのです。

不愉快な思いと食品を結びつけて野菜嫌いになる

好き嫌いは子供の性格、年齢に応じた脳の発達、感情とも深く関わっています。
たとえば、神経質な子供は、理想的といわれる食事を与えていても好き嫌いが多くなりがちです。


それは、新しい食品や、味にトライしてみようという意欲よりも、不安感のほうが勝ってしまい、さまざまな食体験の機会を失ってしまうからです。
さらに、口に中に入れたときに食べにくかったりすると受けつけなくなり、酸味や苦味に対しても拒否的になります。


また、体調が悪くて食べた食品をもどした、のどにつかえて苦しい思いをした、親が嫌いだと言った…など。


こうしたケースは、脳がある程度発達した4歳ころから増え始め、今まで好きだったり、食べられたものが急に嫌いになったりする場合もあります。

子供の野菜嫌いを克服する6つの魔法

では、野菜嫌いの子供にどうやって野菜を食べさせたら良いのでしょうか?

次にちょっとした一工夫や調理法で野菜嫌いを克服するアイデアをご紹介します。

揚げてこうばしさとコクを引き出す

揚げ物は食べるときのカリッとした食感が食欲をそそります。 とくに、作りたてや揚げたてはこうばしく、快い歯ざわりが好まれます。 野菜はもともとはうまみの少ない食品ですが、揚げることでコクがつき、うまみが増します。

野菜独特のにおいや苦みを除く

子供の場合、親が栄養やしつけに気をとられて余裕を失うと、食事時間が苦痛になってしまいます。時には手づかみOKのメニュウーを選ぶなどして食べる行為を楽しむようにしましょう。嫌いな野菜が食べられたという自信が好きにつながります。

食べやすさにひと工夫

野菜が嫌いな理由で一番多いのが食べにくさ。そこで、食べやすさを考えた調理法をとり入れます。 例えば細かく切り目を入れてかみ切りやすくする、ホワイトソースやケチャップをからめたり、卵でとじるなど、ほかの食品を組み合わせるのも一法ですよ。

野菜の色や形を生かす

色のバリエーションは実に多彩。形も自然のものならではの独創性に富んでいます。
興味を引くためにも、色や形を生かした切り方や盛りつけを工夫しましょう。目先が変わって、嫌いな野菜でも、手が伸びるものです。

まずは食事を楽しませる

子供の場合、親が栄養やしつけに気をとられて余裕を失うと、食事時間が苦痛になってしまいます。時には手づかみOKのメニュウーを選ぶなどして食べる行為を楽しむようにしましょう。嫌いな野菜が食べられたという自信が好きにつながります。

遊び感覚で調理に参加させる

子供にとって調理は魅力的な遊びです。野菜をめん棒でたたき割ったり、ちぎる、あえるなど、簡単なことから手伝わせましょう。自分で作ったメニューには達成感や愛着が生まれるため、いつもは苦手で食べなくても、食べるきっかけになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました