ほうれん草効能、効果、ほうれん草栄養、民間療法、ほうれん草副作用、ほうれん草の歴史

ほうれん草

ほうれん草はアカザ亜科に属する野菜です。涼しい地方で栽培されたものが味も栄養面でも高くなる野菜に寒いほど糖度が高くなって、ビタミン濃度の増加が起こります。

ほうれん草は苦味があり、子供たちが嫌いな野菜の代表の一つです。7〜80年代の漫画によってほうれん草=ポパイが好きで食べると力が湧くはイメージを持っています。漫画で誇張したものではなく、栄養学的にほうれん草は優秀で、韓食と洋食に幅広く利用されています。いつも救う簡単価格が比較的安価であり、安定しており、私たちに馴染みの野菜です。


▣  ほうれん草の歴史


ほうれん草の起源は中央アジアで西アジアの近くの地域といわれているが、現在、そこから野生種が発見されていない点などから見ると、現在まで推測に過ぎません。初めて栽培が行われたのは、ペルシャ地方といわれています。600年代にはシルクロードを通じて中国に伝わります。800年〜1200年くらいの時期になるとムーア人(Moors)によってスペインに伝播され、欧州で広がり、1800年初めに米国で大々的な栽培が行われるようになります。それぞれの土地で栽培と品種改良によってほうれん草はソヤンジョン・東洋種に分けられます。

日本には16〜17世紀頃に中国でほうれん草(東洋種)が伝来当初「唐菜(唐菜)」としました。現在ほうれん草のは、中国の「菠薐(ホリン)」が変わったのです。江戸時代の節約おかず度「毎日徳用節約料理角力取組」にもほうれん草の技術があるので、広く規定されていたと思われます。

ほうれん草の主要栄養、効能、効果

ほうれん草はβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、鉄分、葉酸などが含まれており、野菜の中でも多くの栄養素を含有した野菜に選ばれます。そのほかにも目を酸化から保護し、視力を回復させてくれる成分として注目されている色素成分である「ルテイン」などが含まれています。


【貧血・冷え性の予防・改善]

ほうれん草の効能で有名なのが、貧血の予防と改善効果です。 

貧血予防に効果がある鉄分が100gあたり2.0mgで野菜はトップクラスです。貧血は、特に女性貧血のほとんどが鉄不足による鉄欠乏性貧血であることが知られています。 

その他にも、造血ビタミンと呼ばれる葉酸の含有量もほうれん草は野菜の中トップクラスです。葉酸は、通常の食事では不足しないではないが、妊娠中または授乳授乳中のときは、もう少し別に取りまとめなければなら栄養素です。ほうれん草さえあれば葉酸と鉄分を同時に摂取できるので、妊娠中の食事は非常に良い食材です。

また、血栓の予防と血流改善効果がある「ピラジン」が含まれているので、とろみた血液を清くてきれいな状態にしてくれる効果もあります。ソフト血液がされると、指先、つま先などの末端まで血液を送るやすくなります。また、毛細血管の血液循環を改善するビタミンEとの相乗効果も期待できるので、血液自体の不足や血液循環障害で生じる冷え性、手足冷え症改善にも役立ちます。貧血と冷え性で発生する疲労感とだるさ、憂鬱感などの解消にも役立ち与えます。

【便秘、浮腫]

ほうれん草は100gに3.6gの食物繊維が含まれています。これはキャベツとレタスの2倍以上含有されたもので、ゴボウとニラより少ないが、食物繊維が豊富な野菜であることは間違いありません。ヨーロッパでは「偽装ほうき」という呼称もあるほど不溶性食物繊維が多いので、大腸の老廃物を引っ張って壁を刺激して排便を促進してくれます。不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨張するので、摂取量よりも満腹感を感じるのは簡単です。

また、意外に知られていないが、カリウムの含有量が690mg / 100gで、カリウムが非常に多くのオや銅と比べ3倍程度の含有量があります。カリウムはナトリウムの排泄を促進し、血圧を低下させ、ナトリウムが保有していた余分な水分排泄を促進し、むくみ解消につながります。特に外食を多くする方やスパイスの塩味が好きな方の場合、浮腫や高血圧になるがちだが、ほうれん草に改善効果が期待できます。 暑さの原因の一つとされる低カリウム血症の予防にも役立ちます。

【肌の老化防止]

ほうれん草は、様々なビタミンの含有量が野菜類の中トップクラスなので、老化防止のために、活性酸素を除去する抗酸化作用があるβ-カロチン(ビタミンA)、アンチエイジングと美肌に欠かせないビタミンCとビタミンE、皮膚の美容ビタミンとも呼ばれ呼ばれて新陳代謝を活発にするビタミンB群などの美容のために摂取しなければハヌ栄養素の総集合体とすることができます。

ビタミンなどの補給源はもちろん、貧血の改善と血行促進効果でお肌のすみずみまで酸素と栄養を補給し、肌の新陳代謝を高め、くすみを改善し、肌に透明感を復活も役立ちます。また、便秘を解消して、大腸の老廃物から発生する有毒物質によって皮膚が悪くなることを改善することができます。ほうれん草は、総合的にアンチエイジングと美肌づくりに適した野菜とすることができます。


ほうれん草の料理ポイント、副作用

ほうれん草のビタミンCが破壊されないように加熱時間は短いほど良いです。また、少量の油を追加すると、β-カロチンの吸収率が向上します。

ほうれん草に含まれるシュウ酸はカルシウムと鉄分の吸収を妨害して膀胱や腎臓に結石を作ることが知られているが、それは一日にkg単位の量を摂取した場合の話で、普段の食事量で食べるなら問題がないとします。 

ほうれん草効能、効果の概要

◆  便秘・浮腫の解消

◆  貧血の予防・改善

◆  冷え性の改善

◆  青色光(PC・スマートフォンなどのブルーライト)から目を保護

◆  美肌づくり・アンチエイジング

◆  妊娠中、授乳中の人に葉酸供給

ほうれん草の活用方法、民間療法

リンゴとほうれん草の生ジュースを朝と夕方に飲むと便秘の解消に効果的です。

ほうれん草を茹でたものごま油を入れて炒めは頭痛・めまい・高血圧改善効果を期待できるという説があります。