イチジク効能、効果、栄養素、干しイチジク効能、イチジク副作用、民間療法

 イチジク 

イチジクはクワ科イチジクの中に、落葉高木である果物です。 

イチジクは漢字で書くと「無花果」とするように花を吸わずに実を結ぶように見えることが由来となったが、実際には花がないわけではありません。イチジクの花は実の中に好きです。フルーツを切る赤く見えるの中中身が花です。実の中に花があるので、実を食べれば花も一緒に食べられる不思議な果物です。

乾燥したイチジクとイチジクの葉は、漢方生薬としても利用されている材料であるが栄養素が豊富なだけでなく、美容効果も豊富なのでイチジクは最近多くの愛を受けています。

最近では、冷蔵と流通技術が発展して半乾燥イチジクも多く見られます。

▣イチジクの歴史


イチジクの原産地はアラビア南部で起源に近いメソポタミアでは、6000年前から栽培されていたことが知られており、ヨルダンの新石器時代の遺跡から1万1千年以上前のものとみられるイチジクが出土され、世界で最も古い栽培果樹ではないか見ています。

イチジクは、ギリシャ神話と旧約聖書にも登場します。裸であることを悟ったアダムとイブが体を隠すために使用したのもイチジクの葉と呼びます。 

ヨーロッパでペルシャを経由伝来した中国でもイチジクは不老長寿の果物として考慮されて栄養価と薬効の高い果物として愛用された。

イチジクの主要な効能、 効果

イチジクは食物繊維をはじめ、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどのビタミンをバランスよく含んでいます。 

最近では、イチジクのがん細胞を麻痺させることができる抗がん物質」ベンズアルデヒド」をイチジク汁で抽出イチジクの抗癌効果が期待されています。 

[美肌、便秘の解消]

イチジクはメラニン色素を抑制することにより、美白効果があり、アントシアニン、エピ、クロロゲン酸、モルシクジャサン、ルテインなどのポリフェノール類が豊富に含まれているので、活性酸素を抑制する細胞の酸化(老化)を防ぎ、抗酸化作用が高く、皮膚美容と老化防止食品として人気があります。

また、イチジクは100g中の食物繊維量が1.2gで、全体として見ると、果物の中では含有量が中程度であるがペクチンなどの水溶性食物繊維量(0.7g / 100g)がリンゴとオレンジの2倍以上多く、ドライフルーツを除けばフルーツの中にトップクラスです。水溶性食物繊維は、便の水分状態を排泄させやすい状態にしてくれるので、便秘の解消だけでなく、下剤としても使用されている成分です。便秘と下痢を繰り返す方に良い果物です。 

便秘の解消に加えて、水溶性食物繊維は、腸内有益菌を活性化させ、腸内環境を改善するためにもお勧めです。便秘による肌トラブルの改善はもちろん、腸内の有益な細菌による美白効果も期待できます。

【女性の健康]

イチジクは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ 「植物性エストロゲン」が種子に多く含まれています。ゲンニョンギグァ生理のトラブルにイチジクが良いことが植物エストロゲンによるもので大きくホルモンバランスを合わせてくれ PMS(月経前症候群)、不妊、更年期などの症状の緩和が期待できます。

また豊富なビタミン、ミネラルも女性の健康に役立ちます。生理前の不快された女性(エストロゲンの分泌があまりにも多くの女性)と経口避妊薬を服用している女性が不足しがちなビタミンB6は、欠乏すると、脂漏性皮膚炎などによるアトピー性皮膚炎・貧血・免疫力の低下、アレルギー、緊張感や憂鬱感などの精神症状を起こすとされています。ビタミンB6は、タンパク質の代謝に必要なビタミンであるため、ダイエット中の方は、より積極的に摂取しなければならない栄養素です。

イチジクは果物の中でも、鉄が多いので鉄分不足で起こり、特に女性がかかる鉄欠乏性貧血の予防・改善にも役立ちます。漢方でイチジクは果物の中でも貴重な、体を温める食品に属し冷え性から来る病気の改善に処方されています。

[栄養補給源]

イチジクは、タンパク質分解酵素の一種である避難(ficin)が含まれているので、食事の後のデザートに食べると騙しもたれるなることを予防し、改善する効果があります。避難以外にもイチジクはアミラーゼとリパーゼという消化酵素も含まれているため、糖質や脂質の消化促進にも効果を発揮します。 

イチジク100gあたりのカロリーは54kcalと野菜・果物の中では比較的高カロリーですが、イチジクを食べることによって、タンパク質の吸収・基礎代謝が高まり、水溶性食物繊維のペクチンは、糖の吸収を抑制して血糖値をスムーズに上昇させる作用もあるので、たくさん食べても肥満なる心配はありません。

▣イチジクの歴史


イチジクの原産地はアラビア南部で起源に近いメソポタミアでは、6000年前から栽培されていたことが知られており、ヨルダンの新石器時代の遺跡から1万1千年以上前のものとみられるイチジクが出土され、世界で最も古い栽培果樹ではないか見ています。

イチジクは、ギリシャ神話と旧約聖書にも登場します。裸であることを悟ったアダムとイブが体を隠すために使用したのもイチジクの葉と呼びます。 

ヨーロッパでペルシャを経由伝来した中国でもイチジクは不老長寿の果物として考慮されて栄養価と薬効の高い果物として愛用された。

イチジクの主要な効能、 効果

イチジクは食物繊維をはじめ、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどのビタミンをバランスよく含んでいます。 

最近では、イチジクのがん細胞を麻痺させることができる抗がん物質」ベンズアルデヒド」をイチジク汁で抽出イチジクの抗癌効果が期待されています。 

[美肌、便秘の解消]

イチジクはメラニン色素を抑制することにより、美白効果があり、アントシアニン、エピ、クロロゲン酸、モルシクジャサン、ルテインなどのポリフェノール類が豊富に含まれているので、活性酸素を抑制する細胞の酸化(老化)を防ぎ、抗酸化作用が高く、皮膚美容と老化防止食品として人気があります。

また、イチジクは100g中の食物繊維量が1.2gで、全体として見ると、果物の中では含有量が中程度であるがペクチンなどの水溶性食物繊維量(0.7g / 100g)がリンゴとオレンジの2倍以上多く、ドライフルーツを除けばフルーツの中にトップクラスです。水溶性食物繊維は、便の水分状態を排泄させやすい状態にしてくれるので、便秘の解消だけでなく、下剤としても使用されている成分です。便秘と下痢を繰り返す方に良い果物です。 

便秘の解消に加えて、水溶性食物繊維は、腸内有益菌を活性化させ、腸内環境を改善するためにもお勧めです。便秘による肌トラブルの改善はもちろん、腸内の有益な細菌による美白効果も期待できます。

【女性の健康]

イチジクは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ 「植物性エストロゲン」が種子に多く含まれています。ゲンニョンギグァ生理のトラブルにイチジクが良いことが植物エストロゲンによるもので大きくホルモンバランスを合わせてくれ PMS(月経前症候群)、不妊、更年期などの症状の緩和が期待できます。

また豊富なビタミン、ミネラルも女性の健康に役立ちます。生理前の不快された女性(エストロゲンの分泌があまりにも多くの女性)と経口避妊薬を服用している女性が不足しがちなビタミンB6は、欠乏すると、脂漏性皮膚炎などによるアトピー性皮膚炎・貧血・免疫力の低下、アレルギー、緊張感や憂鬱感などの精神症状を起こすとされています。ビタミンB6は、タンパク質の代謝に必要なビタミンであるため、ダイエット中の方は、より積極的に摂取しなければならない栄養素です。

イチジクは果物の中でも、鉄が多いので鉄分不足で起こり、特に女性がかかる鉄欠乏性貧血の予防・改善にも役立ちます。漢方でイチジクは果物の中でも貴重な、体を温める食品に属し冷え性から来る病気の改善に処方されています。

[栄養補給源]

イチジクは、タンパク質分解酵素の一種である避難(ficin)が含まれているので、食事の後のデザートに食べると騙しもたれるなることを予防し、改善する効果があります。避難以外にもイチジクはアミラーゼとリパーゼという消化酵素も含まれているため、糖質や脂質の消化促進にも効果を発揮します。 

イチジク100gあたりのカロリーは54kcalと野菜・果物の中では比較的高カロリーですが、イチジクを食べることによって、タンパク質の吸収・基礎代謝が高まり、水溶性食物繊維のペクチンは、糖の吸収を抑制して血糖値をスムーズに上昇させる作用もあるので、たくさん食べても肥満なる心配はありません。

イチジクの活用方法・民間療法

イチジクの葉をティーバッグに入れてスープに使用したり、イチジクの葉が入った袋を浴槽に入れて入浴剤として使用すると、血液の循環が促進され、体が温まります。冷え性だけでなく、関節炎や神経痛、痔にも効果があります。 

イチジクの茎から出てくる白く粘着性の液体(樹液)は魚の目やいぼの除去に役立ちます。

(患部に塗るとされ、あまりにも頻繁に塗ると肌が弱い場合、皮膚の損傷や変色に注意してください。)