オレイン酸が豊富なオリーブの効能、効果、副作用、有効成分

オリーブは、体に良い健康食品だと分かっているのに、オリーブには「体にこんなにいいのか?」と思うほど多くの効能があります。

今回はオリーブ、特にオリーブの葉の効能と効果について調べてみましょう。


オリーブの起源

  • 中東・地中海沿岸・北アフリカ
  • スペインやイタリアなど地中海地域で広く栽培されています。

オリーブの木

  • モクセイ科の常緑高木で、高さ10mまで成長 
  • 長寿命の木で、樹齢3000年を超えるオリーブの木もあります。 
  • オリーブの葉は長さ5cm〜8cmで硬く、細長く伸びて先端が尖っています。 
  • 葉の表面は光沢が出て、オリーブグリーンという濃い緑色で、裏面は銀白色です。 

オリーブの歴史

古くから地中海沿岸諸国で食用と抗炎症などの目的のために、民間から約使用されてきました。

オリーブの成分

  • カルシウム 
  • ビタミンE 

オリーブ有効成分

オルロユーロピン

強力な抗酸化作用とコラーゲンの生成補助など様々な作用

老化防止、活性酸素抑制、抗炎症作用、抗菌作用、利尿作用など様々な効果

ヒドロキシティーブラシ

殺菌、解熱、血圧降下、鎮静などの効能

循環器系の疾患の予防と胃液の分泌を抑制作用

オリーブの葉効能、効果

血圧低下

オリーブの葉には、不飽和脂肪酸の中でもよく、酸化されていないオレイン酸(オレイン酸)を多く含んでいます。

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させ、血小板の凝固作用を抑制し、血圧を下げる作用があります。

便秘の解消

オリーブの葉に含まれている  オレイン酸(オレイン酸)は、腸の動きを活発にするため、便秘を解消する効果があります。

小腸で消化、吸収されずに大腸を刺激して腸内の便を柔らかくし、腸の動きを促進します。

抗菌・抗ウイルス効果

オルロユーロピンは、免疫力強化・抗菌・抗ウイルス作用が高いことで有名です。

細菌やウイルスの侵入を防ぎ、体内で増殖することを抑制し、免疫細胞の機能を活性化させ、免疫力、抵抗力を強化させてくれます。

したがって、風邪やインフルエンザなどの疾患に効果があります。

美肌効果

高い抗酸化力は、皮膚のシミなどの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。

その他にも  オルロユーロピンは 、皮膚の弾力性を与えるコラーゲンの生成を促進し、老化した肌に活力を与え、若々しい肌を維持する働きがあります。

オリーブの葉の副作用

オリーブの葉は、基本的に安全です。

それでも体はオリーブの葉の効能により、副作用のような現象が発生することがあります。

前述したオリーブの葉の抗細菌、抗ウイルス効果により  解読過程で死んだ細菌が毒素となって一気に体内に生じますので、次のような症状が発生することがあります。

– 疲労

– 筋肉痛

– 下痢

インフルエンザ(インフルエンザ)と同様の症状が発生することがあります。

また、血圧降下作用があるので、次のような人は、オリーブの葉の服用を避けるようにしてください。

– 低血圧の人

– 血圧降下剤を服用している人