オレンジ効能、オレンジ効果、オレンジ栄養素、歴史、民間療法

 オレンジ 

オレンジはミカン科の常緑所管首です。 主なタイプには、バレンシアオレンジ(通常オレンジ)、ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジの3種類があり、総称的にスイートオレンジと呼ばれます。ネーブルオレンジの「ネーブル」はへそという意味で、名前の通り腹がついているのが区別ポイントです。ネーブルオレンジは秋から春には、バレンシアオレンジは、春から秋までは裏腹に、旬なので、一年中新鮮なオレンジを購入可能です。

▣ オレンジの歴史

オレンジは発想は、インド東部のヒマラヤ山脈のアッサム地方の野生みかんです。今から4200年前に中国に伝わったという話が残っています。インドにいた野生みかんが中国広東省に定着したと見なされます。

7世紀頃にイスラムを介して、欧州本土に持ち込まれ、品種改良が繰り返され、現在のオレンジの元となる種が作成されました。15世紀末には、コロンブスによってアメリカにもオレンジの木が搬入されて植えました。その後ネーブルとバレンシアオレンジなど、現在の品種が確立されていきました。

オレンジ原産国インド説、ポルトガル説、ブラジル説など諸説あるのは、この品種確立のどの点を取っかによって違うと思います。 

オレンジ効能、効果、栄養素

[ヘスペリジン(hesperidin、  ビタミンP)]

てしまう人も多いが、柑橘類の薄い甘皮や白いバーは、ポリフェノールの一種である「ヘスペリジン(ビタミンP)」が含まれています。ヘスペリジンは、末梢血管を丈夫にしてくれる効果があります。ポリフェノールの一種であるため、抗酸化作用も期待できますので、ドロドロ血液の改善による血液循環の改善も期待でき、血液の循環を改善による美容効果と冷え性の改善を期待することができます。美肌効果を十分に表示するには、オレンジの甘皮と白いバーも食べることをお勧め。

また、最近では、ヘスペリジン(ビタミンP)にアレルギーを抑える作用もあることが報告されて敏感肌の予防と改善に役立つなって化粧品会社も研究をしているようです。

そのほかにも、オレンジは、コラーゲンの生成とメラニン色素を抑えるビタミンCが豊富です。ビタミンC含有量は、レモンに近いです。また、レモンに含まれていないβ-カロチン(ビタミンA)が含まれており、ビタミンB1、ビタミンB2などの譲渡レモンよりも多いです。

[健康維持にも役立ち]

リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラル成分がオレンジに適当含まれており、柑橘類の中ではペクチン(水溶性食物繊維)と有機酸の含有量が多くため、便秘の解消や予防を期待することができます。 

抗酸化作用に優れたフラボノイドと地方の燃焼を促進したり、神経の機能を正常に維持することでパニック障害の治療にも効果があるイノシトールなども含まれているため、成人病の予防にも効果的だと言われています。

【香りも効果が]

栄養成分ではないが、オレンジの香りに含まれているリモネンには気を弛緩させる効果は、脳を覚醒させる効果があり、気分が爽快になってストレスの緩和に役立ちます。 

食べた後、皮を部屋に置いたり、皮を浴槽に入れてお風呂にも効果を得ることができています。

オレンジ効能、効果の概要

◆ 美肌づくり

◆ アンチエイジング(老化防止)

◆ 精神安定、ストレス管理

◆ 冷え性や血行障害の改善

◆ 便秘の予防、解消

◆ 酒、脂っこいものや甘いものが好きな方

◆成人病予防

オレンジ活用方法、 民間療法

オレンジ書き出してヨクジョトに入れ入浴をしたり、ぬるま湯に入れて洗顔すると、血液の循環が良くなり、肌の美容効果があります。

オレンジの皮に肘とかかとをマッサージすると角質が除去されます。

大根の葉を挽くオレンジジュースに混ぜて飲むと、便秘が改善されます。