キャベツの効能、効果、栄養素、歴史、民間療法

キャベツ

キャベツはケシの首アブラナ科の多年草で一年生の植物です。子供たちがレタスとキャベツをかすんだためにレタスは菊の首キク科に植物学的分類上、しばらく離れて植物です。ちなみに近縁種はカリフラワーとブロッコリー、ケールなどがあります。 

キャベツは英語でCabbageと呼ばそれフランス語で頭を意味する「caboche」に由来している。

キャベツは生で食べてもいいし、ゆでて、炒めて、漬け食べることができる便利な食材です。どこでも買うことができ、一年中食べることができる、便利で一般的な野菜ですが、栄養学的に多大な効果がある健康食品です。

▣キャベツの歴史


キャベツの原産地はヨーロッパ南西のイベリア半島として知られています。キャベツの歴史は、4000年以上とされており、紀元前の古代ギリシャや古代ローマですでに栽培されていたとします。当時は食材というよりは、胃を健康にしてくれるハーブのような概念で食べました。数学、哲学者であるピタゴラスは「健康と落ち着いた気分を維持する野菜」と記述することが窃盗で健康食品として認識され、お酒を飲む前にキャベツを摂取する文化もその時からすでにあったそうです。

9世紀頃には、食材として利用しながら、栽培が広がって、12〜13世紀頃には、現在、私たちが知っているキャベツに近い品種が作られるようになります。

アメリカの存在が知られて人々が移住するようになり、成長が速く、食べている部分が多く、キャベツの栽培も広く実施されるようになります。現在のような滑らかな食感のキャベツは、米国で品種改良されたものです。

キャベツ効能、効果、  栄養素

キャベツの栄養成分には、ビタミンC、カルシウム、ビタミンK、ビタミンU、食物繊維が豊富に含まれており、そのほかβ-カロチン、カリウム、葉酸のほかアブラナ科共通成分であるイソチオシアネート化合物と呼ばれる発がん物質の活性化を抑制する成分を含んでいます。

[上の健康]

キャベツの効能、効果を語る上で欠かせないのがビタミンUです。ビタミンUは胃酸の分泌を抑制し、胃の粘膜を健康に保つ作用と胃の粘膜を修復するタンパク質の合成を活発にして、傷ついた粘膜を治療作用があります。

ビタミンUはキャベツで発見されたため、別名「キャビた(CABAGIN)」とも呼ばれ  ており、有名な胃腸薬などにも「キャビた」成分で兵庫を見るイトヌンゴトです。 胃潰瘍や胃の痛みに悩まされている人が毎日3章キャベツを食べるなら、数週以内に改善し、治療されている事例が多く報告されています。

[ダイエット]

最近では、「式典キャベツダイエット」話題になったりしました。キャベツ1/6〜1/4個(約100〜200g)を5cm程度の大きさで大きめカット食べれば満腹感が増加して過食を防ぐようになって極端なウムシクリャンを減らさずコンディションの低下ヨーヨー現象などを起こさないダイエット法で注目されています。

生キャベツ100gのカロリーは23kcal程度であるため、200gを食べたとしても、クッキー一切れ程度です。キャベツを噛むだけでも、満腹中枢の刺激で満腹感を感じているが、食物繊維が水分を吸って膨張しながらも、満腹感を感じるイトヌンゴトです。また、キャベツの食物繊維量自体は野菜の中であまり多くないが、普段の食事で不足している分を補うには十分な量であるため、便秘の解消効果も期待することができます。

【美容効果】

キャベツの栄養成分の多くのいずれかがビタミンCです。キャベツ100gあたり41mgでトマトとキュウリの二倍以上のビタミンCが含まれています。ビタミンCは、疲労回復やストレス予防効果があり、美容的な面でも良好な栄養成分です。β-カロチンと美肌効果や老化防止効果が期待できます。 

β-カロチンは、キャベツの外側の青い葉に多く含まれています。処分は捨てずに炒めなどに利用すると、油溶性β-カロテンの吸収率も向上されて材料の無駄なく食べることができます。

※キャベツに含まれているホウ素(ボロン、Boron)がエストロゲンの分泌を増加させ、濃度を濃くしてバストアップ(豊胸)や皮膚の美容に役立つという説もあるが、実際に導入された米国農務省の実験報告書は、「50代の女性にボロンを投与した結果、エストロゲンとビタミンDが増加」というもので、それが閉経前の女性のみに作用するのか、胸の拡大や美肌に効果があるのか​​知ることができません。

キャベツ料理のポイント、注意事項

キャベツに含まれるビタミンCとビタミンUなどの有効成分は、熱に弱く、水に溶けやすい性質を持っています。したがって生で食べることが好ましいが、国やチゲなどで体積を減らして食べる量を増やしスープまで摂取すると、スープに溶けている栄養素まで摂取して栄養を無駄なく摂取することができます。

便秘の解消を目的とする場合には、キャベツになれば、必要な食物繊維量は不足し(特に水溶性食物繊維が不足して)。他の材料とバランスよく摂取するようにしてください。

キャベツ効能、効果の概要

◆ 荒れた肌の改善、美肌 

◆ アンチエイジング(老化防止) 

◆ 胃腸疾患の改善 

◆ 便秘の解消 

◆ ダイエット 

◆  成人病、 癌の予防


キャベツの活用方法、民間療法

胸やけ、もたれ感、げっぷがひどいときには、キャベツ汁を絞って飲むと効果があります。

乳房炎、乳腺炎があるとき冷たいキャベツの葉を胸に付ける効果があります。