ギネスブックにも載ったアボカドの効能、効果、消費カロリーは?

「森のバター」と呼ばれるアボカド。 世界で最も栄養価の高い果物としてギネスブックにも上がっています。そんなアボカドは脂肪が多く高カロリーの果物です。 しかし、私たちの健康と美容に良い栄養が豊富で、「食べる美容液」ともいわれています。

今回は栄養価の高い果物の代名詞であるアボカドの効能、効果、栄養素などについて調べてみましょう。

アボカドカロリー(100gあたり):187kcal

アボカド効能、効果、栄養素

浮腫の改善と高血圧の予防 – [カリウム]

アボカドに含まれるカリウムの量は果物の中では最高です。 手軽に食べることができるフルーツのバナナとは2倍、グレープフルーツとは5倍の差があります。

カリウムは体内の過剰なナトリウムを汗や尿と一緒に排出し、細胞の浸透圧調整、筋肉の収縮を正常化するように作られています。

カリウムが体内のナトリウムを適切に排出するため、浮腫の予防と解消、高血圧の予防効果もあります。

コレステロールを減らし、心臓病の予防 – [オレイン酸]

アボカドの脂肪はオレイン酸が豊富に含まれています。

アボカド全体の20%が地方であるため、「森のバター」ともいうが、ほとんどがオレイン酸(不飽和脂肪酸)と呼ばれる良質の脂肪です。

オレイン酸は、血中の悪玉コレステロールを減少させる効能があり、血液をスムーズにして、動脈硬化を予防する作用があります。そして心筋梗塞などの心臓疾患のリスクを減少させる効能があります。

便秘解消、満腹感によるダイエッ​​ト効果 – [食物繊維]

アボカドは意外に食物繊維の量多いです。 

カリンより落ちるが、生殖が可能な果物の中では最高値を誇る食物繊維の量です。

食物繊維は、腸内環境を良くする効能があり、便秘の予防や改善に効果があります。また、食物繊維は満腹感を与える効果もあるので食べ過ぎを抑えてくれます。

そしてアボカドに含まれる脂肪のあるオレイン酸の効能に円滑な排泄を促進するので、やはり、便秘にお勧めです。

アンチエイジング、美容 – [ビタミンACE]

アボカドは「食べる美容液」とも言われるほど美容効果の高い果物です。 「ビタミンエース」と呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEとβ-カロチンが豊富です。この栄養素は、抗酸化作用があるため、細胞の酸化を防止し、老化や成人病を予防する効能があります。

また、美容にも良い効果があります。ビタミンCは、シミやシワを防止し、美白効果があり、ビタミンAは、粘膜や皮膚を清潔に保ちます。そしてビタミンEは血行を促進して血色を良く見えるようにして肌や髪の保湿効果もあります。

「ビタミンエース」と食物繊維、オレイン酸が便秘を解消し、体の不要なものを排出するため、ニキビや肌荒れを防ぎ、肌の美容効果を高めます。

身体の健康維持 – [その他の栄養成分】

アボカドがギネスに上がったのは、ミネラル14種、ビタミン11ジョンワ一緒に様々な種類の栄養素が含まれているからです。

代表的に鉄、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸などのビタミンB群は、3大栄養素とアミノ酸の代謝を促進し、間脂肪が蓄積されることを防止、貧血の予防と味覚を維持するなど、重要な役割をします。

だけでなく、アボカドには、驚くほどのタンパク質が多く含まれています。フルーツの平均タンパク質含有量の3倍になるほどの果物の中では断然アボカドのタンパク質含有量が高くなります。

その中には、必須アミノ酸も多く含まれているので、健康だけでなく、肌の美容にも良い果物です。

アボカド注意事項、副作用

高カロリーのために食べ過ぎに注意

アボカドはカロリーが高いのであまり食べることはよくありません。アボカドは、一日に半(1/2個)程度を摂取することが適当です。

アボカドは脂肪が多いため、1つのカロリーが約220kcal程度です。良質の脂肪と豊富な栄養が含まれていますがたくさん食べるなら摂取カロリーが高くなります。体に良いとむやみにたくさん食べる肥満の原因となる手動ます。

アボカドを食べる時は、脂肪の分解を助けるビタミンCが多く、レモンと一緒に食べるのがお勧めです。