トウモロコシ効能、コーン効果、トウモロコシの栄養素、歴史、民間療法

夏を感じさせるトウモロコシ。野菜というイメージがありますが、穀物に分類されるイネ科植物で、米、小麦粉と

一緒に「世界3大穀物」と呼ばれるほど、世界各国で排除されている主な穀物です。 

南米では、株式で食べ程度と、コーンフレークなどの加工食品に多く活用されて、油、アルコール、お茶、漢方薬などの原料としても利用

されています。また、動物の飼料として使用されている割合も非常に高く、最近ではバイオプラスチックの原料としても活用されています。


▣  トウモロコシの歴史

トウモロコシは先祖の野生種が発見されず、明確な起源は知られていませんです。有力なのは、メキシコでグアテマラにかけての地域に自生していた縁ようこそト(teosinte)を起源とする「テようこそト起源説」で9200年前の程度にトウモロコシに 分岐したと思われます。

紀元前5000年ごろには、アメリカで大規模なトウモロコシの栽培を開始し、 マヤやアステカ文明を支える食品のベースといわれています。

アメリカから世界へ、トウモロコシが広がったのは、1492年に探検家クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に 到達したとき、ヨーロッパに戻っながら言われています。

欧州で伝えられたトウモロコシは、すぐにヨーロッパで栽培を始めて、1500年代には、セビリアで栽培、 1500年代半ばには、地中海沿岸、1600年代には、英国を含む欧州全域で栽培が拡大していきました。 それ以来、アフリカやアジアでも伝えられました。

トウモロコシ効能、効果、栄養素

【エネルギーの普及∙疲労回復]

トウモロコシの主な成分は炭水化物(糖質)であるが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、カリウム、  マグネシウムなどの各種ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。 

野菜、特に緑黄色野菜に比べると ビタミンが少なくていますが、穀物の中でも、「世界3大穀物」と呼ばような栄養素が優れていると  言うことができます。

疲労回復効果が高いことが知られているアスパラギン酸、脳の機能を活性化させるグルタミン酸、免疫機能を向上させるアラニンなども含まれているため、疲労回復や免疫力の低下の予防にも役立ちます。

【便秘解消]

トウモロコシは100gあたり3.0g程度の食物繊維が豊富に含まれています。特に一つ一つの実を安くて皮は食物繊維の宝庫といっていいほど食物繊維量が多いが、その含有量は、サツマイモの約4倍です。 

ヒスイ授受の食物繊維は、不溶性食物繊維(セルロース)に大腸で水分を吸収して数倍から数十倍程度膨張するため、糞便の体積増加と腸の蠕動運動を促進させてくれます。

その他にも糞をスムーズにする作用があるマグネシウムも比較的多く含まれており、食物繊維との相乗効果を発揮して、排泄を促進させ、便秘の予防∙改善に役立ちます。腸内環境を良く改善する効果もあるといわれています。

【浮腫の予防∙改善]

トウモロコシのカリウム含有量は、100gあたり290mgで穀類の中でも、カリウムの含有量が多いキュウリとトマトを上回る量です。豊富なカリウムは、浮腫の解消と高血圧の予防に効果的です。また、含有されたアミノ酸、アスパラギン酸も体内の水分のバランスを合わせる効果がある成分であるため、浮腫の改善効果が期待できます。

特に夏場は、カリウムが失われやすいので、体がよくかける場合が多いような夏に  腫れを改善する効果もあります。特にオやスイカ、メロンも腫れ緩和は良いほとんど冷たい食べ物で体を冷になりますが、トウモロコシはそのような症状がなく、より良いです。 

悪寒、貧血の改善]

トウモロコシは、末梢血管拡張作用をするビタミンEとカロチノイド系色素(キサントフィル)、ナイアシンなどの血液の循環を助けてくれる  成分と

糖質の代謝に関与するビタミンB1、タンパク質代謝に必要なビタミンB6などのビタミンB 群を持っています。

これらの成分の作用で新陳代謝や血液循環を良くして冷えの改善に効果を見えます。

その他にも、トウモロコシは100g中0.8mgの鉄分を含有する、その量は鉄分の多い白米の約8倍、玄米の約  1.3倍です。 

造血作用に必要な亜鉛と銅なども含まれているので、貧血予防にも役立ちます。 

また、葉酸も比較的多く含まれていますがそれによって妊婦にも良い食品です。

[ダイエット]

ゆでトウモロコシ100gあたりのカロリーは99kcalで1つを食べても150kcal〜170kcal程度です。白米ご飯は100gあたり約160kcal情報もあるので、ダイエット時の飢えよりもカロリーが低いトウモロコシを摂取することをお勧め。 

また、甘みが出るが、白米のGI値(血糖上昇率)81より低い70で白米よりもダイエットに効果的です。

トウモロコシは、ビタミンやミネラルも幅広く含まれているので、栄養食の不均衡に起因する代謝の低下などのお部屋にも効果的です。

ダイエット時無分別な絶食で便秘をもたらすこともするトウモロコシに緩和させることがあり、甘みが考えを覚ますも砂糖の代わりに楽しむことができてお勧めします。 

[美肌∙健康な髪]

トウモロコシは、高い抗酸化作用があるビタミンEが含まれていますが、ビタミンEの含有量は、100gあたり0.3mgとあまり多くありません。 

したがって、高い抗酸化作用と美白効果はありませんが、ビタミンEの血行促進効果と鉄などのミネラルによる貧血改善  効果を上昇させてくれるので、肌の乾燥の予防に役立つ可能性があります。

トウモロコシに含まれるリノール酸は、たくさん食べるアレルギーを引き起こす可能性がありますが、人間の体を維持するために必要不可欠な「必須脂肪酸」のいずれかです。 

リノール酸は、皮膚保護膜を形成する機能を担当するセラミドの原料でもあります。したがって、適量を摂取することが、肌の健康と保湿に最適です。 

また、髪や頭皮の生成にも使用されている成分で髪にツヤを与える効果もあります。

▣  トウモロコシ調理時の注意事項

トウモロコシの栄養素は、水に溶けてしまう水溶性が多いので煮るよりも蒸す方が栄養素を失わずに食べる方法です。

特に胚の部分に栄養が集中しているので、ナイフで切断するより手でちぎって出すことをお勧め。

「トウモロコシのひげ」は、雌しべの数で、実際のトウモロコシの穀粒の数だけあると言われているので、茶色が濃く、ひげが多いことを選択ではお勧めします。 

また、収穫後の時間が過ぎるほどますます栄養素を失うので購入後に一度に蒸し冷蔵、冷凍保管することをお勧めします。

トウモロコシ効能、効果の概要

◆  疲労回復∙栄養供給

◆  熱の予防

◆  冷え性、貧血の予防

◆  浮腫の予防∙解消

◆  便秘の予防∙解消

◆  ダイエット

◆  妊娠中、授乳に

◆  肌∙髪の水分保持

トウモロコシの活用方法、民間療法

トウモロコシ茶粒を用いた「コーン茶」とひげを使用した「とうもろこしひげ茶」」の二つがあり

である。 

トウモロコシのひげは 利尿作用、血圧降下作用があるといわれています。最近では、ダイエットデトックス車が知られて体が腫れること心配している女性に愛されているの違いもあります。

※但し、トウモロコシのひげは授乳中の女性は、過剰摂取しないでください。授乳中の方は、まろやか作用しながら、栄養が豊富な  「コーン茶」がお勧めです。