ニラ効能、ネギ効果、ニラ栄養、民間療法、ニラ種類、ニラ歴史

ニラ

餃子やゴトジョルイ、ブチュジョンなどおなじみの材料であるニラはパー速民の多年草で、寒さと暑さに強く、同じ本で複数回収穫することができ、1つの本で年に数回収穫することができる生命力が強く、栽培しやすい野菜です。中国・韓国をはじめとするアジア地域で食べているが、西洋では好まないことが知られています。しかしながら最近では、西洋でも餃子(点心)などが人気があり、ますます変わっています。

植物分類上派に近い野菜にニラは葉菜類そして緑黄色野菜に分類されます。地域によっては、ニラを「ジョングジ」と呼ぶこともあります。

▣ニラの歴史


ニラの原種(原種)は、東アジア、中国北部〜モンゴルの近くに自生していたと考えられ、今から3000年前に栽培が行われていたそうです。もともとは2000年余り前伝え時代に書かれた現存する中国最古の医学書と呼ばれる”皇帝内径(黃帝內經)」の「噂(素問)”も”野菜の中で最も体を温める作用が強く、人体に寄与である。これを常に食べるのが良い」と記録されており、薬効が高い食品として古くから認められていたことを知ることができます。

ニラの主な栄養、効能、効果

ニラはβ-カロチンとビタミンA、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、リン、鉄などのミネラルが豊富で、カリウムと骨の健康維持に役立つビタミンK、造血作用をする葉酸と葉緑素なども含めてています。

[疲労回復・強壮]

ニラの独特のにおいの原因は、パー・タマネギのような硫化アリル(アリシン)です。アリシンはビタミンB1の吸収を促進し、ビタミンB1の持続時間を長くするなどの作用が代表的で、そのほかにも、強力な抗酸化作用を発揮するので、アンチエイジング効果と抗がん作用、血栓予防・改善などを期待することができます。

ビタミンB1は糖質(炭水化物)のエネルギー代謝を助ける役割をしているので、吸収促進と維持を通じたエネルギー生成が活発化、疲労回復に効果を発揮するようになります。ビタミンB1の欠乏は、慢性疲労、眠気、腫れ、手足のしびれなどの物理的な問題とイライラ、情緒不安定などの精神的な問題の両方誘発する知られているが、逆にサプリメントなどで過剰摂取すると頭痛やかゆみなどの副作用を引き起こす可能性があります。

ニラなどアリシンが含まれている食品やビタミンB1の含まれている材料を一緒に摂取すると、適度に必要な量のビタミンB1を摂取することができ、疲労回復と肉体の強壮、だるさ、イライラ緩和など、さまざまな効果が期待できます。アリシンは強い殺菌作用もあるので、風邪の予防にも役立ちます。

【冷え性 ・  貧血の改善]

アリシンは、別の代表的な作用があります。抗酸化作用が強いアリシンは、血液をスムーズにして血栓の予防と血液の循環の改善にも役立ちます。ニラはアリシン以外にもクロロフィル(葉緑素)によるコレステロールの抑制と血液を取り除く効果があり、毛細血管を拡張し、血液を行き渡らするビタミンEも野菜の中で最高レベルに含有量しています。これらの成分が血を取り除き、血液循環に役立ちます。

また、クロロフィル(葉緑素)は、血液中のヘモグロビンと非常に似た構造をしており、摂取することによってヘモグロビン値の上昇を期待することができます。このため、貧血の予防・改善にも役立つと言われています。ニラ自体にも、鉄を含んでいるので、貧血の改善に役立つを与えることになります。

貧血(血液の不足)や高脂血症の改善、冷え性や肩こり、腰痛、神経痛などの改善にもお勧めです。ニラは漢方などで「体を温める食材」として頻繁に使用されています。冷え性(冷え)から来る生理痛や分泌物にも効果的だと女性にも良い野菜です。

【便秘解消]

ニラの豊富な食物繊維は、腸を活性化して、排泄を促進して、「食べる下剤」と言われるほどです。ニラは100gあたり食物繊維が2.7gを含有して野菜の中でも、食物繊維が多く部類に属します。特にニラは不溶性食物繊維が多い(100gあたり2.2gが不溶性食物繊維)、不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を促進させ、腸の動きを促進してくれるので、「食べる下剤」と呼ばれる由来になったとすることができます。

昔からニラは整腸作用があると知られている、これは食物繊維が豊富なほか、アリシンなどの作用で血液の循環を促進し、体を温め、胃腸の機能を向上させることも関与します。また、アリシンの消化液の分泌促進作用やニラなどの波の中(束)の材料は、消化保護作用を持っています。単に不溶性食物繊維が豊富で腸の動きを促進するのではなく、様々な成分が上昇し、整腸作用を示すようになります。 

しかし、不溶性食物繊維の摂取量によっては、下痢を引き起こす可能性がありますので、下痢をするときニラを使用する場合は、スープなどを飲み本体(葉)は食べないようにしてください。

【老化防止・美容]

ニラはアリシンを筆頭にβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化力が高い成分を豊富に含有しています。このため、体内で肌まで酸化による老化を防止します。さらに、β-カロチン、ビタミンB群は、粘膜や皮膚を保護し、健康な状態を維持する作用があり、貧血と冷え性の改善は、皮膚に酸素と栄養分を補給し、新陳代謝を高め、肌の再生を促進してくれます。また、胃の強壮と便秘の解消にも肌が荒れることを防ぐことができます。

▣ニラの種類


ニラは緑の葉の部分を食べることが一般的な “葉ネギ」、葉の色が黄色の「黄ニラ”、花茎とつぼみを食べる “花ニラ」など、大きく3つに分けられます。


[疲労回復・強壮]

ニラの独特のにおいの原因は、パー・タマネギのような硫化アリル(アリシン)です。アリシンはビタミンB1の吸収を促進し、ビタミンB1の持続時間を長くするなどの作用が代表的で、そのほかにも、強力な抗酸化作用を発揮するので、アンチエイジング効果と抗がん作用、血栓予防・改善などを期待することができます。

ビタミンB1は糖質(炭水化物)のエネルギー代謝を助ける役割をしているので、吸収促進と維持を通じたエネルギー生成が活発化、疲労回復に効果を発揮するようになります。ビタミンB1の欠乏は、慢性疲労、眠気、腫れ、手足のしびれなどの物理的な問題とイライラ、情緒不安定などの精神的な問題の両方誘発する知られているが、逆にサプリメントなどで過剰摂取すると頭痛やかゆみなどの副作用を引き起こす可能性があります。

ニラなどアリシンが含まれている食品やビタミンB1の含まれている材料を一緒に摂取すると、適度に必要な量のビタミンB1を摂取することができ、疲労回復と肉体の強壮、だるさ、イライラ緩和など、さまざまな効果が期待できます。アリシンは強い殺菌作用もあるので、風邪の予防にも役立ちます。

【冷え性 ・  貧血の改善]

アリシンは、別の代表的な作用があります。抗酸化作用が強いアリシンは、血液をスムーズにして血栓の予防と血液の循環の改善にも役立ちます。ニラはアリシン以外にもクロロフィル(葉緑素)によるコレステロールの抑制と血液を取り除く効果があり、毛細血管を拡張し、血液を行き渡らするビタミンEも野菜の中で最高レベルに含有量しています。これらの成分が血を取り除き、血液循環に役立ちます。

また、クロロフィル(葉緑素)は、血液中のヘモグロビンと非常に似た構造をしており、摂取することによってヘモグロビン値の上昇を期待することができます。このため、貧血の予防・改善にも役立つと言われています。ニラ自体にも、鉄を含んでいるので、貧血の改善に役立つを与えることになります。

貧血(血液の不足)や高脂血症の改善、冷え性や肩こり、腰痛、神経痛などの改善にもお勧めです。ニラは漢方などで「体を温める食材」として頻繁に使用されています。冷え性(冷え)から来る生理痛や分泌物にも効果的だと女性にも良い野菜です。

【便秘解消]

ニラの豊富な食物繊維は、腸を活性化して、排泄を促進して、「食べる下剤」と言われるほどです。ニラは100gあたり食物繊維が2.7gを含有して野菜の中でも、食物繊維が多く部類に属します。特にニラは不溶性食物繊維が多い(100gあたり2.2gが不溶性食物繊維)、不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を促進させ、腸の動きを促進してくれるので、「食べる下剤」と呼ばれる由来になったとすることができます。

昔からニラは整腸作用があると知られている、これは食物繊維が豊富なほか、アリシンなどの作用で血液の循環を促進し、体を温め、胃腸の機能を向上させることも関与します。また、アリシンの消化液の分泌促進作用やニラなどの波の中(束)の材料は、消化保護作用を持っています。単に不溶性食物繊維が豊富で腸の動きを促進するのではなく、様々な成分が上昇し、整腸作用を示すようになります。 

しかし、不溶性食物繊維の摂取量によっては、下痢を引き起こす可能性がありますので、下痢をするときニラを使用する場合は、スープなどを飲み本体(葉)は食べないようにしてください。

【老化防止・美容]

ニラはアリシンを筆頭にβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化力が高い成分を豊富に含有しています。このため、体内で肌まで酸化による老化を防止します。さらに、β-カロチン、ビタミンB群は、粘膜や皮膚を保護し、健康な状態を維持する作用があり、貧血と冷え性の改善は、皮膚に酸素と栄養分を補給し、新陳代謝を高め、肌の再生を促進してくれます。また、胃の強壮と便秘の解消にも肌が荒れることを防ぐことができます。

▣ニラの種類


ニラは緑の葉の部分を食べることが一般的な “葉ネギ」、葉の色が黄色の「黄ニラ”、花茎とつぼみを食べる “花ニラ」など、大きく3つに分けられます。


ニラ効能、効果の概要

◆  疲労回復・体力増強

◆  便秘・下痢の解消

◆  肌のアンチエイジング

◆  冷え性の改善

◆  生理痛の緩和

◆  不眠症・情緒不安の解消

ニラ活用方法、民間療法

ニラを煮汁を飲むと下痢に効果があります。 

また、ニラを行くか、汁を立てて、牛乳を加えて飲むと騙しもたれるするときに効果があるといわれています。

ニラ汁に砂糖や蜂蜜を入れてザラメや蜂蜜を入れて、暖かい水に乗って飲むと生理痛が緩和されることが知られています。