ブドウ効能、ブドウ効果、ブドウ栄養素、歴史、民間療法

 ブドウ 

ブドウはクロウメモドキローズウッドブドウに属するつる性の落葉低木の果実です。

ブドウの品種はとても多く、世界中の10,000種類以上が存在することが知られているが、「赤」、「黒」、「緑(白)」の3つに大別されます。未熟たとき緑を帯びているが、成熟する過程で赤や黒色素が作られ、色の違いが表示されます。

栄養価が高く、エネルギー転換が速いブドウ糖が多く、ヨーロッパでは  「畑のミルク」と呼ばれました。

栄養補給源だけでなく、ポリフェノール類など美容にも健康にも良い成分が豊富で、美容、成人病予防など様々な面で人気を集めています。

▣ブドウの歴史


紀元前8000年頃、ヨルダン遺跡からもブドウが発見されているので、1万年以上の歴史がある果物とすることができます。シュメール人によってくさび文字でブドウが記録されたのは、紀元前3500年ごろに知られています。古代ギリシャでは、ワインを生産するために大々的にブドウ栽培が行われるように、各地のブドウ畑が作られるようになります。

ブドウ効能、効果、栄養素

ブドウの主成分はブドウ糖と果糖、酒石酸、クエン酸が豊富に含まれており、疲労回復や栄養補給に適しています。また、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン類が含まれてカリウム、リン、カルシウム、鉄分などのミネラルは、果物の中で豊かな部類に入ります。

【肌の老化防止]

ブドウに含まれる成分で特出私は、やはりポリフェノールです。「ポリフェノールのレポート」といわれるほど殺菌作用と抗酸化作用に優れたカテキンや目の周りの血液の循環を改善し、目の疲れに効果があるアントシアニンなどのポリフェノールがたっぷり含まれており、タンニンと若返り成分として知られている「レスベラトロール」というポリフェノールも含まれています。

レスベラトロールは、美容系で注目される成分の一つでシミやシワの原因となる活性酸素を除去する作用が高いため、肌の美容と老化防止効果が期待できます。歯の着色などの悪いイメージがありますが、高い抗酸化作用、抗炎症、抗アレルギー作用を持つタンニンもあります。そして、様々なポリフェノール類の相乗効果によって、アンチエイジングに高い効果が期待できます。

[ダイエットサポート]

レスベラトロールは、脂肪の蓄積を減少させる効果があるので、メタボリックシンドロームの予防やダイエットにも注目されており、ダイエット補助食品にも含まれています。また、タンニンも脂肪燃焼効果を促進します。紅茶や緑茶を運動前に飲むと脂肪が容易に乗せることができるのも、タンニン成分からです。ブドウに含まれるポリフェノール類は、なかなか痩せない体質を改善してダイエットを成功に導いてくれる良い食品です。

▣ブドウ摂取ヒント


ブドウの種類に応じて、ポリフェノールの含有量には差があります。巨峰など黒系のブドウはアントシアニンが多くデラウェアとマスカットなどの青い色のブドウはレスベラトロールの含有量が高いことが知られています。

ポリフェノールは、果肉の部分よりも皮や種に多く含まれています。


ブドウ効能、効果の概要

◆ 肌アンチエイジング(老化防止)

◆ 暑さ、疲労回復

◆ 肥満防止、ダイエット

◆ 貧血の改善

◆成人病の予防、改善

◆目の疲れの緩和、改善

ブドウ  の活用方法、民間療法

ブドウとセロリの汁に水を加えて飲むと高血圧の改善効果を期待することができます。