ブロッコリー効能、効果、カロリー、ブロッコリーの栄養素

茹で超につけて食べたり、ファミリーレストランでサラダやスープに食べられるブロッコリー。栄養の宝庫と連日TVで話がなんだかメイン料理ではなく、脇役のイメージが強い野菜です。

しかし、本当にブロッコリーは多大な栄養学的効果があります。ブロッコリーに含まれる栄養素と、それぞれの効能、効果について調べてみましょう。

ブロコルリーカロリー(100gあたり):33kcal(生)、27kcal(ゆでたもの)

原産国:地中海沿岸

アブラナ科白菜の野菜

ブロッコリー効能、効果

抗酸化作用 – ルテイン、β-カロテン、グルタチオン(グルタチオン)

ブロッコリーはβ-カロテン、ルテイン、グルタチオン(グルタチオン)と呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

β-カロチンは、ビタミンAの前駆体、ルテインはカルテノイドの一種、グルタチオンはツリーペプチドの一種で、すべての抗酸化作用を持っています。

これらの栄養素が持つ抗酸化作用で体の酸化を防ぎ、老化防止を防止する効果を得ることができます。

ストレス防止、美肌効果、免疫力の向上 – ビタミンC

ブロッコリーは、レモンとピーマンを上回っほどビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを分泌して、肌にハリと潤いを与え、免疫力を高める効果があります。


抗癌効果 – ソルポラパン(sulforaphane)

ブロッコリーは、最近注目されている成分であるソルポラパンも多く含まれています。ソルポラパンは アブラナ科野菜に含まれている硫黄化合物です。

ブロッコリーに含まれるソルポラパンは強力な抗酸化作用と解毒作用があり、抗がん効果が期待できます。

抗アレルギー効果 – α-リノレン酸

ブロッコリーは他にもα-リノレン酸が含まれています。 α-リノレン酸は、脂肪酸の一つで、アレルギー症状を抑える効果があります。

ブロッコリーなどのα-リノレン酸が含まれている食品を着実に摂取すると、春の花粉症も予防することができます。


抗癌効果 – ソルポラパン(sulforaphane)

ブロッコリーは、最近注目されている成分であるソルポラパンも多く含まれています。ソルポラパンは アブラナ科野菜に含まれている硫黄化合物です。

ブロッコリーに含まれるソルポラパンは強力な抗酸化作用と解毒作用があり、抗がん効果が期待できます。

抗アレルギー効果 – α-リノレン酸

ブロッコリーは他にもα-リノレン酸が含まれています。 α-リノレン酸は、脂肪酸の一つで、アレルギー症状を抑える効果があります。

ブロッコリーなどのα-リノレン酸が含まれている食品を着実に摂取すると、春の花粉症も予防することができます。