メロン効能、メロン効果、メロン栄養素、歴史、民間療法

 メロン 

メロンは朴とキュウリ属に属するキュウリの友人として、多くの比較されるスイカよりもキュウリに近い植物です。世界的な生産量はスイカのように断然中国が最高です。 

▣メロンの歴史

メロンの起源は、北アフリカと中東地域です。紀元前2000年頃の古代エジプトやギリシャで栽培されており、キュウリのように野菜や薬用植物として利用されていたと言われています。電波され、ヨーロッパ方面に寄せられたことから派生した品種は、現在の「メロン」、中国に伝わったのがメロンに分かれています。

メロン効能、効果、栄養素

メロンの主成分は果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖です。糖分は吸収が早く、即時エネルギー源れ、食欲も増進させます。また、メロンに含まれるクエン酸は、糖代謝を活発にし、筋肉疲労の原因である乳酸を燃焼させてエネルギーに変える機能があるので、疲労回復にも効果的です。

甘みが強く、カロリーが高いと思われがち100gあたり42kcalとみかんやリンゴよりも低カロリーです。

 【夏の浮腫] 

夏の果物の中でカリウムが多くの果物といえばスイカを連想するが、実はメロンカリウムの含有量がスイカの約3倍(350mg / 100g)程度です。夏には汗でカリウムが失われやすいので、メロンに普及することにより、夏の浮腫の緩和効果が期待できます。

 [美肌] 

果肉がオレンジ色であるメロンは、体内でビタミンAに変わるβ-カロチンの含有量が高く、100g中3600μgで緑黄色野菜の基準である600μgを大きく上回っています。ニラなどの野菜よりも含有量が多く、野菜、果物を総合してもトップクラスに属する含有量です。 

β-カロチンはカロチノイドに属する強力な抗酸化効果を持っており、皮膚の新陳代謝を促進するため、皮膚の再生を助け、肌の美容にもお勧めです。メロンに含まれるSOD酵素とビタミンCが相乗作用をして、肌の美容、美白作用や老化防止(アンチエイジング)効果が期待できます。

 【ストレス解消] 

メロンの栄養成分に注目されていることがGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)です。GABAはアドレナリンの分泌を抑制し、脳の興奮を静め、平常心を維持に役立つことでリラックス効果、精神安定作用があることが注目されています。抗ストレス作用もあるので、ストレスから来る様々な症状の緩和の改善にも効果があります。 

メロンに含まれているGABAは温室メロンが、他のメロンよりも約30%多く含まれるとします。

※メロンは、水溶性食物繊維(ペクチン)が豊富であるという説もあるが、栄養成分表から見ると、100gの0.2gの含有量は多くありません。食物繊維総量自体も0.5gで微量なので、食物繊維の摂取量と便秘の解消を期待している場合は、他のことを摂取することをお勧め。

 [その他] 

メロンの種の周りに柔らかい部分は、血液を取り除く効果があるアデノシンという成分が多く含まれています。ヨーグルトに混ぜて食べると栄養を多く摂取することができます。

※メロンは体を冷やす作用があるので、冷え性がある人は、あまりにも多くの摂取にしてください。

メロン効能、効果の概要

◆ むくみの解消 

◆ 暑さ解消、疲労回復 

◆  美肌、美白

◆ アンチエイジング 

◆  成人病の予防

メロンの活用方法、民間療法

メロンと蜂蜜を混ぜて食べると神経を安定させ、不眠症に効果があるという話があります。