ワカメの効能、効果、栄養素、カロリー

私たちは、毎年の誕生日であれば満員食べるワカメ。ワカメスープ以外にも様々な料理に利用可能なお馴染みの食材です。ワカメは食物繊維やミネラルなど豊富な栄養成分が含まれていますが他にも多くの栄養素があり  、健康だけでなく、美容にも良い海藻です。

今回はワカメに含まれている栄養素とそれに伴う様々な効能、効果について調べてみましょう。

ワカメカロリー(100gあたり):16kcal

ワカメの効能、効果、栄養素

免疫力の向上、がん予防 – [フコイダン]

フコイダンは、海藻が自分の体を保護するために保有している粘着性の成分でミヨクグィ、昆布などにも多く含まれています。

フコイダンのNK細胞活性化作用は、免疫力を高め、がんを予防する効果があります。

他の効果には、胃の粘膜を保護し、ヘリコバクターピロリ菌が胃壁に付着するのを防止する効果があります。この機能は、胃炎、十二指腸潰瘍、胃癌などの予防に有効であることが知られています。

フコイダンはヘリコバクターピロリ菌が好きな胃粘膜の粘性物質のようなものを持っているフコイダンは胃の中に入ると、ヘリコバクターピロリ菌がフコイダンフプジャクされて体外に排出されます。

交感神経を刺激して代謝を促進 – [ヨウ素]

一般的に、藻類は、他の食品と比較して豊富にヨウ素を含有しています。 ヨウ素はミネラルに分類される栄養の一つ甲状腺ホルモンの成分になります。甲状腺ホルモンは、自律神経の交感神経を刺激して新陳代謝を促進する効果があります。

3大栄養素の代謝を高め、肥満を防止し、肌や髪などを美しく保つ効果もあります。

血圧、血糖値の上昇抑制 – [水溶性食物繊維]

ワカメは水溶性食物繊維であるアルギン酸とフコイダンが豊富です。

食物繊維は、不足しがちな栄養素で、特に水溶性食物繊維がより不足しがちなことが知られています。

アルギン酸は体内に余分なナトリウムと結合して排出されるので、血圧の上昇を防止する効果的です。そのほかにも、コレステロールや糖質の吸収も抑制して、急激な血糖値の上昇を抑制し、高脂血症や動脈硬化などの成人病を予防する効果もあります。

アルギン酸とフコイダンなどの水溶性食物繊維は、腸内でゲル状態で存在し、身体に有害な物質を吸収して体外に排出する効果があります。また、腸内の乳酸菌を増やし、便秘を改善する効果もあります。

体の健康、美容 – [ミネラル]

ワカメはミネラルも多く含まれています。ミネラルは、体の健康と美肌維持に欠かせない栄養素です。

その中でも、カリウムが多いカリウムは、細胞内の水分含有量と浸透圧を調節する効果、ナトリウムの排泄を促進する効果があります。カリウムが豊富に含まれてワカメは、高血圧の予防とむくみの解消にも効果的です。

また、他の鉱物であるマグネシウムは、骨を形成し、300種類の酵素の活動を支援する効果(補酵素)があります。

その他にも味覚の維持に効果がある亜鉛、貧血予防に役立つ鉄分、カルシウムなどの栄養素も含まれています。