万能フルーツ!リンゴの効能、効果、栄養素とは?

人類が食べた最初のフルーツとして知られているりんごはアサクハン食感と香ばしい、甘いと柔らかい甘さが特徴のフルーツです。

そのまま食べてもおいしく行くか、ジュースまたはジャムでも食べることができる食べ方が、様々なフルーツもあります。

今回はそんなリンゴの効能、効果と栄養素について調べてみましょう。

リンゴのカロリー(100gあたり):54kcal

リンゴ効能、効果、栄養素

腸内環境整え – [ペクチン]

リンゴで先に注目しなければなら栄養素はペクチンです。

ペクチンは、食物繊維の一種でリンゴの皮と果肉に含まれています。ペクチンは、リンゴに特に多く含まれており、みかんやオレンジ、桃、柿、プラムなどにも含まれています。

ペクチンは、腸内の有害物質を排泄する機能があり、腸内環境を整える効能があります。だから便秘の解消にも期待できます。また、下痢の際には善玉菌を増殖させる作用もあります。

ペクチンは、そのほかにも、血糖値を下げる効果とコレステロールを下げる効果も期待できます。

老化とがん予防 – [ポリフェノール]

リンゴはポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールは、植物に含まれている色素や渋みを出す成分です。リンゴはアントシアニンとケルセチンなどのポリフェノール成分が豊富に含まれており、活性酸素を除去する効果があります。

また、体内の活性酸素が除去されることにより、老化防止やがん予防効果が期待できます。

細胞内の水分や血圧の調節 – [カリウム]

カリウムはミネラルに分類される栄養素として細胞内の水分含有量を調節して、血圧を安定させる効果があります。

カリュムは、私たちの健康維持に欠かせない栄養素の一つです。

美肌とストレス解消 – [ビタミンC]

リンゴにはビタミンCも含まれています。

ビタミンCは、体の酸化を防ぐアンチエイジング、ストレス緩和、美肌、免疫力の向上などの効果があります。

ただし、ビタミンCは、約400mgであれば、体内で飽和状態になります。したがって、一度にたくさん摂取しても、体で使用される量には限界があります。一度にたくさん食べるよりもよく食べることをお勧め。

疲労回復 – [リンゴ酸、クエン酸]

リンゴはリンゴ酸とクエン酸などの有機酸が含まれています。

リンゴの酸味は、これらの有機酸から出てくるものです。ちなみにリンゴ酸はリンゴで初めて発見されたのが由来とされて名づけられました。

リンゴ酸とクエン酸は、すべてのTCAサイクルの合成を促進する作用があり、疲労回復に効果的です。

リンゴに含まれるクエン酸とリンゴ酸はリンゴをガルミョン細胞膜が破れ酵素が活発になる性質があります。疲労がひどいときは、リンゴを挽く食べるのも良い方法です。