侮れないもやしの効能、効果、栄養素、カロリーを解説!

歯ごたえのある食感が魅力的なもやしは、炒め物、和え物、みそ汁の具など様々な料理で大活躍ですよね。

また、なんといっても安いのも「もやし」の魅力です。このように簡単に調理できて家計にやさしい安い「もやし」にどのような栄養があるか疑問があることでしょう。

今回はもやしに含まれている栄養と効能、効果について調べてみましょう。

もやしカロリー(100gあたり):37kcal

もやしの効能、効果、栄養素は?

疲労回復、皮膚の水分保持 – [アスパラギン酸(アスパラギン酸)]

もやしはよくアスパラギン酸と呼ばれるアスパラギンラット酸が含まれています。

アスパララット山アミノ酸の一種で、大豆、もやし、サトウキビ、アスパラガスなどに多く含まれています。アスパラギン酸は、元アスパラガスで発見され、名前がつけられました。

アスパラギン酸は、タンパク質の合成に関与して、カリウムやカルシウムなどのミネラルと結合して、これらの栄養素を全身に運ぶ機能があります。

また、アスパラギン酸、疲労回復、アンモニアを尿に合成する作用、皮膚の水分を保持する効果もあります。

腸の機能整える – [アミラーゼ]

もやしはアミラーゼという消化酵素も含まれています。これは  豆が発芽する過程で増加栄養成分です。もやしはこのような豆のもやしになって栄養が増加することになります。

アミラーゼは消化酵素の一種で食物の消化を助け、腸の機能整える効果、修飾体や胸焼けを防ぐ効能を期待することができます。

老化防止、ストレス抵抗 – [ビタミンC]

もやしで注目する必要がある栄養素の一つがビタミンCです。

もやしは豆を水に呼ばれ、光を遮断して発芽させたもので豆を発芽させる過程で、ビタミンCの含有量が増加します。 

もやしに含まれているビタミンCは、老化防止やがん予防、ストレスに効果的な栄養素です。また、美肌効果や皮膚病防止、免疫力の向上や風邪の予防などの効能も期待できます。

腸内環境の改善 – [食物繊維]

もやしは食物繊維も含まれています。食物繊維は、第6の栄養素とも呼ばれるほど重要な栄養素です。

もやしには豊富な量ではないが、食物繊維が含まれています。特に不溶性食物繊維の含有量が多いのが特徴です。

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は、胃や腸から水分を吸収して膨張する性質があります。これにより、腸内環境を改善する効果と排泄を促進する効果が期待できます。

ちなみに、水溶性食物繊維は、血糖値の上昇を防ぐ効果とコレステロール値を抑制する効果があります。

筋肉、毛髪を健康に – [タンパク質]

よくもやし貝と呼ばれるもやしの豆の部分には、良質のたんぱく質が豊富に含まれています。野菜のタンパク質を摂取することは珍しいことではありません。

タンパク質は、筋肉と皮膚、爪、髪などを作成し、健康を維持する主成分となる栄養素です。

また、免疫力の源になって、抗体の原料となる機能もあります。タンパク質は、生物が生きていく必要不可欠な酵素の原料にもなるので、私たち人間が生きていく上欠かせない栄養素です。