冷蔵庫に入れてはならない果物、野菜、食品

暑い夏は、特に梅雨時になると、食中毒が心配になります。高温多湿し、食中毒菌が繁殖しやすい夏に食品を冷蔵庫に入れて保管することが増えます。

しかし、何でも冷蔵庫に保管することは誤った保管法です。冷蔵庫に入れない方が良い食材があります。

冷蔵庫に入れるとならないされていない食材を知ってみましょう。

野菜

タマネギ、ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、レンコン、ゴボウなどの野菜は、冷蔵庫ではなく、紙の箱に入れて冷暗所に保管することをお勧めします。冷蔵庫に保管すると、水分のために退いながら簡単に上ことができて避けることをお勧め。

ジャガイモは冷蔵庫に入れると芽が出ない長く保管されるようだが、低温で長く保管すると、でんぷんの成分が糖分にかわりましてジャガイモの味が悪くなります。

また、完熟していないトマトも常温保管がお勧めです。トマトは、それ自体で発生するエチレンガスで熟成します。熟成前トマトを冷蔵庫に入れてしまえば、完熟されないため、完熟まで常温で保存して下さい。

ハーブ

熱帯地方が原産であるバジル。バジルは寒さに弱いので、冷蔵庫に保存しないでください。水に挿し室内保存でOKです。


野菜は育った環境に近いところに保管することをお勧めします。

フルーツ

メロンとグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類やバナナも、冷蔵庫に保管しないでください。冷蔵が過ぎると未加工まま腐敗しやすいです。

メロンは食べ、2〜3時間前にカット冷蔵庫に入れると冷たく おいしく食べることができます。また、バナナは冷蔵庫に入れると自然に茶色に変わって甘さが減るので、常温で保管してください。

アボカドはイクウ熟しほど味がお勧めです。冷蔵庫に入れるともう慣れないので、おいしいアボカドを食べに、常温で保管して十分に熟してできるようにすることをお勧め。