大根の効能、効果、民間療法


ダイエット、便秘解消、冷え性の改善、肌の老化防止

無歴史は、紀元前2700年頃のエジプトで、既に食べたと言われています。中国でも紀元前500年ごろにはすでに栽培されていました。

胃を助け、消化を助ける働きがあります。 無根は灰色野菜、葉は緑黄色野菜に分類され、部位ごとに含有される栄養素も異なります。葉が付いている大根を購入したときは、葉を捨てずに食材として利用するようにしてください。

無の主な効能、効果

▣根(普段食べる部分)


無根はアミラーゼ(ジアスターゼ)、ビタミンCが多く含まれています。 

アミラーゼは、でんぷんやグリコーゲンなどの糖質の分解に良く、胃の機能を正常化させ、胸焼けと腹痛の緩和、胃炎や胃潰瘍の予防、便秘の解消に効果があると言われています。

大根の辛味成分であるイソチオシアネートは、新陳代謝を活発にする燃焼効果、活性酸素を体の外に除去する解毒効果があるといわれ、「無ダイエット」で話題になった成分です。抗酸化作用であるため、アンチエイジングにも効果があります。 

また、ビタミンCも豊富に含まれており、水分含有量が高く低カロリーなので、ダイエット効果や美白効果など、女性に必要な効果がたくさんあります。

イソチオシアネートは、熱に弱いために摂取するには、生大根を食べることをお勧め。

▣  無皮


無皮にはビタミンCが豊富な大その量は無の中心部に比べて約2倍です。また、モーセ血管を強化し、血液の循環改善効果があるビタミンP(ルーチン)も含まれています。 

ダイエットを考えている人は、無の皮の部分が辛味の成分が最も多い部位であるため、皮を薄く剥いたり、または皮のまま食べると、より効果的です。

▣  


無自体は漢方的に見れば、体の熱を奪う冷たい性質に分類されるが、無葉は、体を温める効果があります。 

そのほかに、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、鉄、βカロチンが含まれています。

▣無切り干し


大根巻き込まムマルレンイを作成すると、カルシウム、カリウム、食物繊維、ビタミンの含有量が増加し、高栄養食品になります。

大根の効能、効果の概要

◆消化不良、胃酸過多に効果

◆  ダイエット

◆  便秘の解消

◆  風邪・喉の痛みや咳

◆  美肌づくり・アンチエイジング

大根一緒に食べると効果が高まる食べ物

無 + ごぼう、ナス、 ニンジン、貝 

⇒貧血予防効果

無 + 小豆、  アロエ、蜂蜜、みかん 

⇒咳・のどの痛みの改善、美肌効果

無 + 鶏肉、豆腐 

⇒皮膚炎の予防

無 + ヒラメ、  カレイ 

⇒アンチエイジング


大根の  活用方法、民間療法

無葉を日陰に干して浴槽に入れて入浴すると体の芯まで温まります。そして神経痛や冷え性、婦人科の問題に効果的です。

無葉の汁は虫刺されにのかゆみに塗るお勧めします。

無汁をにきびにつける炎症を抑えます。