大根効能、効果、栄養

白菜と一緒に韓国を代表する野菜の一つである無。 カクテギと各種局、煮物などに利用されます。私たちは、主に食べることは無の根の部分が、シレギに利用される無の葉(蕪)により豊富な栄養素が含まれています。

今回は無に含まれている英英と効能、効果について調べてみましょう。また、見落としやすい武清にも説明します。

無効能、効果、栄養素

腸の機能の活性化、消化促進 – [アミラーゼ]

無でまず注目しなければなら栄養素はアミラーゼなどの消化酵素です。

消化酵素は、食べ物を消化するときに役立ちます。その酵素の一種であるアミラーゼは食べ物の消化を助け、腸の機能を良くする効能があります。

アミラーゼは、食物の消化を促進し、修飾体や消化不良を解消する作用があります。 しかし、アミラーゼは熱に弱い消化酵素であるため、加熱せずに和え物やピクルスなど生で食べることをお勧め。

また、大根は食物繊維も含まれていますが、食物繊維も腸の動きを刺激し、活発にする効能があります。 そして食物繊維はコレステロールの吸収を抑制し、血糖値の急激な上昇を抑制する効能も期待できます。

血栓予防、デトックス、抗がん – [イソチオシアネート]

無で次に注目すべき栄養成分は、無の辛さの源である「イソチオシアネート(isothiocyanate)」と呼ばれる成分です。

イソチオシアネートは、大根とキャベツ、ブロッコリー、ケールなどアブラナ科の野菜に共通に含まれている成分です。

大根を食べるとき辛さが強い時があるが辛の原因が  イソチオシアネートです。

イソチオシアネートは、血栓を予防し、解毒作用のほか、抗がん効果があります。 イソチオシアネートは、現在最も注目される抗がん成分の一つとして知られており、一般にはもちろんのこと、癌患者にも多くの関心を受けている成分です。


アンチエイジング、美容、免疫力の向上 – [ビタミンC]

大根は多くはないが、ビタミンCも含まれています。 ビタミンCは、体の酸化や老化を予防する栄養素です。ビタミンCを多く摂取すると、若さを維持することができます。

また、ビタミンCはストレスに対抗する作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進する効能があります。ストレスが多い時もおすすめの栄養素です。

また、肌の美容や皮膚トラブルの予防、免疫力の向上、風邪の予防などの効能も期待されます。

ただし、ビタミンCは、体内に多く保存しておくことができません。一般的に、約400mg程度で飽和状態になります。大根のような野菜を頻繁に摂取することによって、ビタミンCを十分にそして継続的に摂取することができます。

大根の葉の栄養は

かむ主根を摂取するのに刃の部分に多くの栄養素があります。 分類上大根の根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜に分類されます。  

大根の葉にはビタミンA、ビタミ、ビタミンEなどの「ビタミンACE」と呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンAは目の健康を守り、ビタミンCは体の酸化を防ぐ働きがあり、ビタミンEは血行を良くする効果があります。

また鉄、葉酸、カルシウムなどは根よりも葉に多く豊富に含まれています。

鉄は鉄欠乏性貧血を予防する効果があり、葉酸は、胎児の先天性異常を予防し、カルシウムは骨や歯を形成して丈夫にする効能があります。