天然バイアグラと呼ばれるマカ効能、効果、副作用

マカは私たちにはまだなじみのない食品です

南米、特にペルーのアンデス地域海抜4000メートル〜5000メートルの高地の過酷な土地で栽培されアブラナ科植物がマカです。

韓国にはまだ健康補助食品としても大きく活性化されていなかったが、隣国の日本だけでも旋風的な人気を集めている健康食品です。

マカは男女ともに良い食品であるが、特に男性に脚光を浴びています。

その理由は、「天然バイアグラ」と呼ばれるほど精力増強効果があるからです。もちろん、医学的には確かに研究されて発表されたのはありません。しかし、何千年もの間そのように考えられている使用されてきたのが「マカ」です。全く根拠のない話はなさそうです。

マカ効能、効果

精力増強

マカと精力という言葉が連想されるほど有名に乗る最大の理由は精力増強効果です。

男性の場合、ストレス、緊張、不安が続くとテストステロンの分泌が減少することになります。

それとともにホルモンのバランスが崩れます。 ホルモンのバランスが崩れると、自律神経のバランスも乱れながら勃起不全や勃起障害が起こることができます。

こういう時マカのホルモンのバランスを合わせてくれる作用が注目されているものです。マカには  、自律神経のバランスを合わせてくれる作用を持つ成分が豊富に含まれています。

そして…勃起不全と考え、私はが「バイアグラ」だバイアグラよりも価格も安く、自然食品で、副作用のほとんどありません。

もちろんバイアグラのように、すぐに薬効を発揮するわけではない着実に摂取すると、原因を改善し、精力を増強させる効果がマカにあるため、精力に良い食品として有名なものです。


女性ホルモンの安定

前述したようにマカにはホルモン分泌量を調節する成分が多く含まれています。

● 不妊症に効果 

マカには植物性エストロゲンが含まれています。

不妊症の原因の一つである子宮発育不全や月経異常は  、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因の一つです。

マカウル摂取することにより、マカに含まれている植物性エストロゲンが作用して症状の改善効果が期待できます。

●  更年期障害(閉経)の改善

女性が年齢を食べながら生じる痛みを伴う症状の中更年期障害(閉経)があります。

更年期障害も閉経に起因するホルモンバランスの不均衡が原因です。

40歳後半頃になると急激にホルモンの分泌が減少し、それ以降は、閉経を迎えます。

そして閉経になって更年期障害現れ始めます。

ホルモンバランスを合わせてくれる効果があるマカを摂取することによって、その症状を緩和させることができます。

男女を問わず、ホルモンのバランスは重要です。先進症状以外にも、ホルモン異常に小さくは睡眠障害からひどい死亡にもこれをすることができます深刻な障害をもたらすこともあります。

マカのような成分が多い食品

マカは地球の反対側の高台で栽培されるため、まだ我々が簡単に購入することも摂取することも難しい見知らぬ植物です。

しかし、マカに含まれている成分と同様の成分を摂取すれば同様の効果が期待できます。

マカにはアミノ酸の一種であるグルタミン酸(グルタミン酸)が多く含まれています。

グルタミン酸が豊富な食品は、次のとおりです。

– 海藻

– 白菜

– イワシ

– トマト

– 小麦

– 豆

マカの適正摂取量と副作用

マカの適正摂取量は、栄養補助食品基準で一日1500mgです。

栄養剤として摂取した場合、一度に大量に摂取するよりも、何度も分けて摂取することが勧めします。

そして、胃に負担が少ないように、食後に摂取することをお勧め。

マカの副作用については、若干の注意が必要です。

女性の場合、体質によってはマカの男性ホルモン活性化作用に影響を与えることができることが知られています。

そのような場合、元の持っていた生理不順の改善効果の逆効果で生理不順、基礎体温異常などの副作用が出る場合もあります。

これはもちろん、すべての人から表示されるのではなく、体質による副作用です。摂取後体調の異常が感じられる場合、摂取を中止してください。