天然抗うつ薬セントジョンズワート効能、効果、聖ヨハネフル

皆さんは「セントジョンズワート」というハーブをご存知ですか? 

セントジョンズワートは、「聖ヨハネフル」とも呼ばれるハーブの一種で5枚の黄色の花が咲きます。

古代ヨーロッパのから使用されたことが知られているが、海外では、心を安定させるハーブとして知られています。 

現代社会では、極度の緊張や重い仕事のストレスで精神的に不安定な人が多いです。 

重症ではないよに大小の精神的な問題を持っている人もかなりそうです。

心を安定させ、天然の抗うつ薬と呼ばれるセントジョンズワートについて調べてみましょう。

セントジョンズワート効能、効果

うつ病の改善

セントジョンズワートは、他のハブにほとんど含まれていない「ハイペリー新」という特有の成分がセロトニンを分解する酵素の働きを抑制してセロトニンの濃度を高めています。

脳細胞から出るセロトニンは、元の脳細胞に再び戻ってくる性質があるが、ハイフェリー新成分がセロトニンが再吸収することを抑制するため、脳の神経伝達物質のバランスを合わせて、うつ病の症状を改善します。

不眠症の解消

うつ病が生じる原因は様々ですが、そのうちの一つである「イライラ」、「ストレス」は、体内のメラトニン不足で発生やすいのにこのメラトニンはセロトニンから合成されるホルモンであるため、脳のセロトニンの減少を抑制するセントジョンズワートの作用により、精神を安定させることができます。

メラトニンの不足が緩和されるため、不眠症と睡眠障害改善されることがあります。


更年期障害、月経前症候群(PMS)の症状の改善

閉経と月経前症候群の症状である「イライラ」、  「イライラ」、 「憂鬱感」の原因は、脳の神経伝達物質であるセロトニンの分泌低下が原因だが、前述のとおり、セロトニンの濃度を高めてくれることで、症状を改善します。 

ダイエット効果

人間は船呼ぶと、セロトニンが満腹中枢を刺激して満腹感を感じるようになります。セロトニンの濃度を増加させて満腹感を早く感じるようにするため、ダイエット無効とが期待されます。


セントジョンズワートの副作用

副作用がほとんどありませんが、まれに胃腸障害、口の乾き、めまい、日光過敏症などの症状が現れる摂取を中止すると消えます。

妊娠と授乳中に摂取時の危険性があるので、ご遠慮してください。

また、持病があり、他の薬剤を服用している場合、他の薬と併用には注意が必要です。

このハブは、間の薬物代謝酵素に影響を及ぼし、他の薬剤の血中濃度を変化させます。

薬の効果を弱めるせたり薬の副作用が強く出る可能性があるので、服用前に医師に相談することが重要です。