緑茶渋の主成分であるカテキンの効能、効果、副作用

「カテキン」誰もが一度は聞いたことがある成分である。ポリフェノールの一種で、緑茶の渋味の主成分でもあります。

言葉だろうが、このカテキン、ポリフェノールの一種で、昔から「タンニン」ときたそのお茶の渋みの主成分です。

カテキンは非常に酸化されやすい物質で緑茶を発酵させたウーロン茶車や紅茶が赤色を帯びもカテキンが酸化されているからです。

カテキンは、元の無色です。 製造工程中に酸化酵素の作用で酸化重合物が作成されると無色のカテキンがオレンジ色から赤に変わります。


カテキンの効能、効果

「緑茶は体にいい」という言葉は、誰もが知っているはずなのに、その緑茶の主成分である  カテキンの効果について調べてみましょう。

殺菌効果

章に感染している様々な菌[コレラ菌、サルモネラ菌]

呼吸器感染症の原因菌[百日咳菌、マイコプラズマ肺炎菌]

食中毒を起こす[黄色ブドウ球菌]

水虫の原因菌である[ ベクソンギュン]

その他にも多くの菌があり、  カテキンには、細菌を殺菌する力があり、緑茶1mlに1万個の細菌を殺菌することができるとします。 

殺菌力だけでなく、細菌が噴き出す毒素を解毒する作用も持っています。

老化防止効果

老化防止効果は、[カテキンVS活性酸素]の関係です。

活性酸素が異常に増加し、さまざまな機能の低下および老化を促進する原因となって成人病の原因とも呼ばれます。

カテキンの持つ抗酸化作用で活性酸素の大量分泌を抑制するのにそれによって  老化防止効果が期待できます。

便秘の予防効果

人の腸内に生息する細菌は100種類以上であり、その数は100貝以上です。

しかし、腸内にあるすべての細菌が悪いのはありません。善玉菌と呼ばれる菌が腸内のバランスを維持してくれています。

カテキンは、悪い菌に対する殺菌効果を発揮して善玉菌の数を増やす効果があります。

それによって自然枚問題便秘が解消され、予防されるようになります。


カテキンが多くの食品、食品

– 緑茶

– ウーロン茶

–  コーヒー

–  赤ワイン

–  感

–  リンゴ

–  チョコレート

–  ココア


カテキンの副作用

カテキンには、明らかに、摂取量が定められていません。

しかし、緑茶にはカフェインが含まれており、興奮作用と利尿作用が起こることがありますので、一度に大量に摂取することは避けた方が良いです。