認知症と野菜不足の関係とは?

宅配野菜ランキング
食材宅配ココノミ

無農薬・無化学肥料、自然栽培・有機栽培などのオーガニック系の野菜だけを取り揃えているからお子様にも安心して食べさせてあげられます。
また食材の種類、数量、お休みのタイミングは自由に設定可能。忙しいママのライフスタイルに柔軟に対応してくれるのは嬉しいですね!

【タウンライフマルシェ】産直とれたて無農薬野菜の定期便

野菜王国千葉県成田市から化学肥料を一切使用しない旬を詰め込んだ有機野菜セットを送料無料でお届け!
生産者である房総の「おかげさま農場」は、日本屈指の無農薬栽培のパイオニア。
昭和63年に設立以来、安心と安全を第一に考えた野菜作りを愚直に守り続けてきました。
少しでも新鮮な状態を保つためにあえて泥付きのままお届けします。

【無農薬野菜ミレー】朝穫り無農薬野菜を産地から当日発送

首都圏にありながら野菜生産高トップ3に入る千葉県。
その北総の大地から、朝穫れの新鮮野菜を当日発送します!
取り扱いの旬の無農薬・有機野菜また、おすすめ商品は年間1000種類。
野菜の味、質、鮮度はもちろん丁寧で素早い対応が全国各地のリピーターから高く評価されています。

「食べチョクコンシェルジュ」オーガニック野菜のオーダーメイド宅配

「食べチョクコンシェルジュ」は、お客様の好みに合わせて、コンシェルジュが全国400軒以上のオーガニック農家から選定し、希望する頻度・曜日・分量に合わせ旬の野菜を届けるサービスです。
スーパーと違い農家直送のため、最短24時間で届きます!だから圧倒的に鮮度が違います!
もちろん安心の無農薬野菜、大規模流通に乗らない珍しい伝統野菜や西洋野菜なども選べるのでお子様の食育にもよさそう!

葉が多い緑の野菜にも栄養素が認知症にかかるリスクを下げるという新しい研究結果が発表されたと、米ABC放送が20日(現地時間)報道した。
 米ラッシュ大学とタフツ大学が1000人の高齢者を対象とした共同研究の結果ケールやレタス、ホウレンソウなどの野菜を毎日一、二つずつ摂取する高齢者の認識能力の低下速度が、そうでない高齢者よりも遅いことが分かった。
 研究結果は、ジャーナル「ニューロールか」(神経)に掲載された。
 研究チームは、研究対象者の食習慣との認識能力と記憶力テストを比較した結果、緑の野菜を毎日食べる人が認識能力が少なく減少する多心得も11年より若い状態を維持していることを発見した。
 緑の野菜に多く含まれている葉酸、ルテイン、硝酸塩のような栄養素が認識力の低下を遅らせてくれる研究を主導したマーサ・クレアモリス博士は言った。彼は「心のための食習慣:アルツハイマー病認識力の低下を防ぐために何を食べているかの最新の科学」という本を書いた。モリス博士は緑の野菜を直接摂取することが、栄養補助食品を食べるよりもはるかに効果的だと付け加えた。
 研究者は、緑の野菜に含まれている栄養素が感染症やストレス、脳の損傷などから人体を保護すると発表した。しかし、緑の野菜を毎日食べる認知症を完全に防ぐことができるわけではないと付け加えた。
  「希望のスペクトル」アルツハイマー病と認知症に対する楽観的新しいアプローチ」という本を出したニューヨークの神経学者ガエツリーデビー博士は「健康的な食事は、身体を健康にする。緑の野菜は、血管を浄化させ、心臓病のリスクを削減し、肥満のリスク軽減する」と述べた。  
老化の原因「活性酸素」…果物や野菜で解決しよう

活性酸素に対抗するには、サプリメントよりも、様々な色の食べ物を食べることはよい。私たちは、抗酸化剤が活性酸素を除去し、健康に有益で長寿に役立つという言葉を頻繁に聞く。活性酸素は、老化を促進し、身体機能を弱体化するため、このプロセスを遅らせるには抗酸化物質を補充しなければならない。私たちは、日常の中の喫煙、ストレス、汚染、日光はもちろん使用する製品あるいは衣服の化学物質などの酸化と活性酸素を増加させる要因に引き続きさらされている。このように生活の中に健康を脅かす要素が多すぎて、抗酸化物質の摂取がさらに必要である。また、年齢とともに身体に有効な抗酸化物質が減少するため、活性酸素を減らす抗酸化食品を必ず摂取しなければならない。普段の食事で素晴らしい抗酸化物質の供給源を容易に見つけることができますが、特に果物や野菜は、抗酸化物質が豊富なだけでなく、このような食品は、一緒に食べると、互いに相乗作用を起こし、体にさらに良い。たとえば、ビタミンCやEが含まれている食品を一緒に摂取すると、最適な効果を得ることができる。抗酸化物質が多く含まれた食品ではブルーベリー、抹茶、ダークチョコレートなどがあるが、驚くべきことに、抗酸化物質が最も多い野菜は菊芋だ。このようないくつかの食品に抗酸化物質が、多くの人がまだ抗酸化物質を摂取するためにサプリメントを選択する。しかし、サプリメントの使用については、相反する証拠資料もあって、様々な種類の果物や野菜を使用して、抗酸化物質を摂取することが良い方法である。特に、色が鮮やかな食品であるほど良い。朝に食べるシリアルにイチゴを入れたりスムージーを作って一日を始めることができる。ランチに濃い緑の野菜、唐辛子やその他のおいしい野菜が入ったほうれん草安を作ることができ、夕食も野菜をよく満員食べるならない。 この他にも抗酸化物質が豊富な食事は、非常に多く、あえてサプリメントに依存する必要がない。ただ食事するたびに虹色にまんべんなく食べているだけ確認すればよい。認知症に良い食べ物の6つを学ぶ 

認知症に良い食べ物
1ウコン 
ウコンはクルクミン成分が多量に含まれており、老化抑制と認知症の治療のために、海外はもちろん国内の研究結果が最も多く存在する食べ物とすることができます。一般的には認知症に良い食べ物が予防目的で多く紹介されているのに対し、ウコンは痴呆の治療目的のためにも非常に頻繁に利用されるだけで最も注目すべき食品と言えます。 

認知症に良い食べ物
2牛乳 
牛乳は脳の活動に必要な神経伝達物質の原料となる必須アミノ酸が豊富なので、牛乳や大豆食品を食べると、認知症に良いとすることができます。必須アミノ酸は、牛乳に加えてカキ、魚などに多く含まれています。 

認知症に良い食べ物
3.新鮮な野菜 
野菜は、ビタミンやミネラルの宝庫。青い野菜に多くのビタミンB12と葉酸が不足すると、認知症にかかる確率がそれぞれ4倍、3倍高くなるという研究結果があります。葉酸はアミノ酸が、ドーパミン、縦ドニー、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質で作成されるとき、非常に重要な役割をするが、特に純ムイプは野菜の中で、カルシウムの含有率が最も高く、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜にはカロチンが、トマトやジャガイモ、乾燥大根はカリウムが豊富なので、認知症の予防に良いことができます。 

認知症に良い食べ物
4.雑穀飯 
玄米、そばなどの雑穀には、ビタミンB1が豊富なこと、これは脳のエネルギー源となるブドウ糖の生成を促進させるため、認知症の治療ではなく、予防目的には役立つとすることができます。ビタミンB1は、雑穀飯以外にもシイタケ、明太子、程御、ダルガンなども豊富に含まれています。 

認知症に良い食べ物
5.緑茶 
東京大学真也和雄教授は、[アルツハイマー病のカテキン効果]という論文で、{緑茶主成分カテキンが認知症の予防と治療に優れた効果があり、緑茶のカテキン類の成分を分離した結果、アルツハイマー病病気の原因物質とされるベータ-アミロイド毒性を阻害することが分かった}と話しています。 

認知症に良い食べ物
6.霊芝 
米国のウィリアム・スタービーノし博士(テキサス州医大)は、「霊芝から抽出した四つの抗炎症活性成分が、脳の炎症や損傷で生じる老化と記憶喪失を抑制することが確認され、認知症と心血管治療薬としての効果が期待される」と明らかにしており、認知症の治療にある程度期待できるんじゃないか予想します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました